TOP » 名古屋の事例つき!過払い金請求の疑問解決Q&A » 過払い金請求の相談先と相談前の準備

過払い金請求の相談先と相談前の準備

過払い金というのは、キャッシングやローンで払いすぎた利息のことで、これは過払い金請求をすれば戻ってきます。ここでは過払い金を請求する場合に必要な準備と相談先について説明しましょう。

過払い金請求に必要な準備とは

過払い金請求に必要な準備

過払い金請求は払いすぎた利息が戻ってくるため、返済中の人は借金を減らすことができたり、完済した後でもお金が戻ってくるというメリットがあります。過払い金請求をするには、弁護士や司法書士に依頼する方法と自分でする方法の2つがあります。

弁護士や司法書士に依頼する場合

弁護士や司法書士に依頼する場合、必要な物は次の2つです。

自分で依頼する場合

弁護士や司法書士に頼まずに自分で請求することもできます。その場合に必要な物は次の4つです。

自分で過払い金を請求すると弁護士や司法書士に支払う報酬が節約できるというメリットがありますが、反対にデメリットもあります。例えば自分で請求をするとなると、引き直し計算や過払い金返還請求通知書など自分で用意しなくてはならないので時間や手間がかかりますし、貸金業者も交渉相手が個人の場合対応が遅かったりすることもあります。また交渉が難航してしまうと最悪の場合、希望通りの金額が戻ってこないというリスクもあります。

過払い金請求の相談先とは

過払い金請求の相談先としては、弁護士と司法書士の2つの選択肢があります。報酬は弁護士も司法書士もあまり変わらないのですが、どちらかを選ぶかというのは過払い金の金額によって変えたほうが良いです。なぜなら140万円以下の過払い金の請求をする場合は、弁護士と司法書士の両方とも対応できますが、140万円以上の過払い金の場合は弁護士しか請求できないためです。

司法書士は140万円を超える請求に関しては業者との交渉や訴訟の代理権がなく、地方裁判所などでの代理権もないので業者から控訴された場合にも対処できません。ですから140万円を超えるかどうかが、弁護士と司法書士のどちらにするか選ぶカギとなります。

過払い金請求は自分でもできなくはないのですが、手続きが煩雑であったり、貸金業者との交渉など個人では難しい部分もありますので、弁護士や司法書士など専門家に相談して進めることをおすすめします。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶