TOP » 名古屋の事例つき!任意整理の疑問解決Q&A » 任意整理後にできること・できないこと

任意整理後にできること・できないこと

返済が滞っている借金を整理し、現実的な返済計画を立てるために役立つ、任意整理。

裁判所の介在しない債務整理法であるため、手続きが簡単で周囲に知れ渡りにくい、というメリットもあります。

しかし、不明点が全くないというわけではありません。

このページでは「任意整理の過去が、就職に影響を及ぼしたりする?」…など、任意整理に関する不安について調査しています。

index

ブラックリストに登録される?

任意整理はデメリットの少ない債務整理の方法ではありますが、「信用情報機関(ブラックリスト)」に登録されます。

とはいえ、たとえ債務整理をしなくても、借金の返済が滞ればブラックリストに登録されることとなります。
ブラックリストに登録されることを憂うよりは、早めに債務整理を行ったほうが得策です。

なお、ブラックリストに登録される期間等は法律の定めはありません。

任意整理をしても銀行や株の口座開設はできる?

可能です。
口座の開設には、身分証明書や個人の基本情報を記入する書類の提出が必要とされているだけです。
「金融事故が理由で開設ができない」というケースは、ほぼないと思われます。

任意整理をすると車のローンを組めなくなる?

任意整理も債務整理のひとつなので、ブラックリストには掲載されます(信用情報機関に登録される)。
このためクレジットカード作成や各種ローン申請は、数年間できなくなります。

すでに車のローンを支払い中という場合は、任意整理の対象先から外すことで、
車を手放さずに済みます(その代わり、もともとの条件でローンを支払い続けなくてはなりません)。

車のリース契約はできる?

例えリースの申し込みであっても、信用情報は照会されることと思います。
このため、任意整理後の数年間は、車のリース契約を締結することが難しくなってしまうでしょう。

クレジットカードは作れる?

車のローンの箇所でも記しましたが、任意整理も債務整理のひとつなので、
ブラックリストには掲載されます(信用情報機関に登録される)。
このためクレジットカード作成やローン申請は、数年間できなくなります。

なおすでに使用しているクレジットカードが利用停止になるか否かは、各社の判断によるようです。

職業に制限ができる?

任意整理を行うと信用情報機関に登録はされてしまいます。
しかし、裁判所の介在しない債務整理法であるため、職業制限はありません。

自分から進んで任意整理の過去を口にしない限りは、公務員試験などにも影響はないでしょう。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶