TOP » 名古屋の事例つき!任意整理の疑問解決Q&A

名古屋の事例つき!任意整理の疑問解決Q&A

このカテゴリでは、任意整理によくある疑問の解決を目指しています。

そもそも任意整理とは

債務整理

借金が生活費を圧迫し、建設的な返済が行えない場合に検討する債務整理法のひとつ。
裁判所の介在しない方法のため、手続きが簡単で周囲にバレにくい。また借金の原因も問わない。
借金の元額を減らすのではなく、金利の減額を主な目的としている。

上記のように、任意整理は膨らんだ借金を整理し、現実的な返済計画を立てるのに役立ちます。
このため依頼前後に一定の収入が見込める、サラリーマンなどの債務整理に適しています。

本サイトを監修する法律事務所によるコメント

裁判所に対する申し立てがなく、弁護士が直接各債権者と交渉するため、和解までの期間が比較的早い債務整理法です。
金利の高い貸金業者のみ、保証人の付いていない借り入れのみ、といった特定の債権者のみ任意整理することが可能です。

裁判所に対する申し立てがなく、私的な交渉によるため、手続きをしても官報には掲載されません。
その分支払いが完全になくなるわけではなく、法的整理に比べ減額率は低くなっています。

要チェック!任意整理の名古屋事例

○利息の減額、過払い額の引き直しに成功したAさん

Aさんは2年前に金融業者から50万円を借金し、毎月12,000円ずつ返済してきましたが、
払っていたのは利息のみで、元本が一向に減っていないという事実に気づきました。

相談を受けた弁護士事務所は任意整理を提案。金融業者への交渉を行った結果、利息の減額に成功。
過去の過払い額の引き直し計算を行った結果、元本の残額は10万円までに減少。
今後も月々の支払い額は変わりませんが、完済は間近となりました。

○控訴により70万円の過払い金が戻ったIさん

Iさんは、平成7年に50万円の限度額で消費者金融から借金をしました。毎月5,000円の返済を続けていましたが、29.20%~32%の利率でしたので元金はなかなか減らず、借入から7年後に弁護士を立てて任意整理を行う決意をします。弁護士に任意整理を依頼した結果、消費者金融との間で和解が成立。元金の残金は30万円に、利息および遅延損害金は0円という和解案を受け入れ、減額された残金をすべて返済し、完済となりました。

しかし、Iさんは、任意整理をすれば過払い金が戻ると思っていたので、完済はしたものの、納得できない思いが残ります。その旨を担当の弁護士に尋ねたところ、弁護士からの返答は、「取引履歴の開示がされなかったので、消費者金融から告げられた貸付残高をそのまま受け入れた」とのこと。腑に落ちなかったIさんは、任意整理を専門に扱っている別の弁護士に相談。これまでの経緯を話すと、控訴すれば過払い金が戻る可能性があると告げられたため、再び控訴する流れとなりました。

結果は勝訴。以下の点が争点となったようです。

・消費者金融側が利息制限法を上回る約定で貸し付けていることを知りながら、その返済を受け続けていたこと

・利息制限法における制限利息で引き直した計算結果と和解金額に大きい差があること

・取引履歴のすべてを開示しなかったこと

これによって最初の和解は無効となり、75万円ほどの過払い金が戻ってくることになりました。依頼する弁護士によってこんなにも違う結果になることにとても驚いたそうです。

本カテゴリには、任意整理に関する以下のページを設けています。

任意整理の流れ・手続き

任意整理は裁判所を介さない交渉なので、他の債務整理法に比べると、手続きは簡単です。
流れはどのように進み、どのくらいの期間がかかるのか?また借金はどのぐらい減るのか?調査しています。
具体例も記載していますので、ぜひご覧ください。

任意整理の詳細を見る

メリットとリスク

任意整理は弁護士に相談して依頼が決まれば、和解が成立するまでの数ヶ月間、借金返済から解放されるというメリットがあります。
その他ブラックリストには載るのか?また会社にバレることはないのか?などの気になるリスクを調べています。

任意整理のメリットとリスクを確認する

こんなケースはどうなる?

無収入だけど任意整理はできるのか?ギャンブルが原因の借金でも任意整理は可能か?など、
気になるケースについてリサーチしています。
例えば住宅ローンや車のローンなどが残っていた場合に財産がどうなるかなども調べています。ぜひ、参考にしてください。

任意整理の気になるケースを確認する

任意整理後にできること・できないこと

手続きが簡単で周囲に知れ渡りにくいメリットがある任意整理ですが、整理後の疑問について調査しています。
例えばローン契約は信用情報機関に登録されるため、数年間はできなくなります。
その他気になる事後のあれこれを調査しています。

任意整理後にできることを確認する

ぜひ各ページの内容に目を通してみてください。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶