TOP » 名古屋の事例つき!個人再生の疑問解決Q&A » 個人再生の流れ・手続き

個人再生の流れ・手続き

このページでは、個人再生の流れを紹介していきます。

index

個人再生の方法とその流れを教えて?

個人整理は、自分自身で行うこともできますが、依頼者に代わって弁護士や司法書士が手続きするのが一般的な方法です。
流れは以下の通り。

1.弁護士や司法書士の事務所に訪れ、相談や依頼を行う。

2.依頼が確定したら、裁判所へ赴き審尋を受ける。

3.債権調査や財産調査など、再生手続を開始する。

4.再生計画案を提出する。

5.債権者への意見聴取や議決が行われ、再生計画案の認可/不認可が決まる。

6.認可された場合、計画通りの返済が始まる。不認可の場合、自己破産を検討する。

どんな書類が必要になるの?

以下の書類が必要です。

・申立書
・収入一覧および主要財産一覧
・債権者一覧表

そのほか「給与所得者等再生手続」の場合は2ヶ月分の給与明細書や課税証明書なども必要。
「小規模個人再生手続」の場合は確定申告書や源泉徴収票などが必要です。

借金はいくら減るの?

個人再生手続きにおける債務の減額は、以下のように定められています。

■債務が100万円未満…減額なし

■債務が100万円以上500万円以下…100万円に減額

■債務が500万円を超え1,500万円以下…5分の1に減額

■債務が1.500万円を超え3,000万円以下…300万円に減額

■債務が3.000万円を超え5,000万円以下…10分の1に減額

これらの減額基準は「民事再生法」に基づいています。
ただし所有財産が上記の減額を上回っている場合、その精算価値額が優先されてしまいます。

任意整理との違いは?

任意整理との違いは、裁判所を通す手続きか否か、という点にあります。
任意整理はあくまで弁護士と債権者による話し合いの域を出ませんが、裁判所を利用することで強制力が増すため、
債権者の合意が得られなくても借金を減額できます(給与所得者等再生手続の場合)。

その分費用は嵩みますし、ブラックリストだけでなく、官報にも履歴が掲載されてしまいます。

費用はどのくらいかかるの?

裁判所に支払う費用は25,000円程度です。
弁護士に依頼する場合は、4060万円の必要となります。
司法書士の場合は3040万円程度で済みますが、書類作成代行業務以外は依頼できません(裁判所とのやり取りを自分自身で行うこととなる)。

個人再生を認められないこともあるの?

あります。

★申立て時に認められない場合…再生が困難と判断されている。

★途中で認められなくなる場合…債権者の過半数が反対している(小規模個人再生の場合)。

上記以外にも、財産の虚偽申告などが発覚すると、手続きの途中でも申立てが棄却されてしまうので、注意が必要です。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶