TOP » 名古屋の事例つき!個人再生の疑問解決Q&A » 個人再生後にできること・できないこと

個人再生後にできること・できないこと

「個人再生後にクレジットカードは作れる?」など、手続き後の生活についての不安点について情報をまとめているページです。

index

個人再生をしても銀行や株の口座開設はできる?

銀行口座の開設には、身分証明書や個人の基本情報を記入する書類の提出が必要とされているだけです。
「金融事故が理由で開設ができない」というケースは、ほぼありません。

株の口座開設にあたり、信用情報機関の個人情報開示は必要とされていません。
ただし、現在の資産や株の取引履歴が問題にされることは、あるかもしれません。

個人再生をすると車のローンを組めなくなる?

個人再生の手続きを行うと、ローン支払い中の車は引き上げられてしまいます。
また履歴が信用情報機関に登録されてしまうので、新たな車のローン申請は、510年間できなくなるでしょう。

車のリース契約はできる?

例えリースの申し込みであっても、信用情報は照会されてしまいます。
このため、個人再生後の数年間は、車のリース契約を締結することが難しくなってしまうでしょう。

家に住み続けられる?

持ち家(すでに支払いが終了している)の場合、資産のひとつとしてカウントされてしまいます。
不動産価値が高いほど借金の減額率も減るため、住み続けるのは難しいかもしれません。

ただしまだ支払いが済んでいない家に関しては、ローンを払い続けるという条件付きで、引き続き居住が可能です。

住宅ローンの支払いはどうなる?

個人再生の場合、住宅ローンの支払いを継続可能です(別途申立ては必要)。
このため、居住中の家を追われるということはありません。

ただし個人再生手続前後でローン額を変えることはできません。
また、手続き前に延滞が発生していた場合、手続き終了までにすべて清算しなくてはなりません。

クレジットカードは作れる?

個人再生は債務整理のひとつなので、ブラックリストには当然掲載されます(信用情報機関に登録される)。

クレジットカード作成やローン申請は、最低でも5年間できなくなるでしょう。

職業に制限ができる?

個人再生を行うと信用情報機関に登録され、官報にも掲載されてしまいます。
しかし、職業制限はありません。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶