TOP » 名古屋の弁護士が教える「債務整理」のイロハ » かかる費用

かかる費用

このページでは、債務整理にかかる費用について調べています。

債務整理にかかる費用

生活費を圧迫する借金と利息返済を調査し直したり、免責を申し立てることで現実的な返済額へと是正していくのが、債務整理です。

とは言え、借金を背負っている人が自分自身の力で債務整理を行うことは稀で、弁護士など、プロの力を借りることとなります。

「ただでさえ借金を背負っているのに、また依頼費を取られるなんて…」と、依頼を躊躇している人もいるかもしれません。
以下に、債務整理の代表的な方法について費用相場を見ていきましょう。

任意整理

弁護士や司法書士などに依頼する方法。
債務者との間に入ってもらい、過剰な利息の請求をやめさせるなどして、以降の返済を現実的な額へと減じさせてもらいます。

【費用内訳】

★着手金…35万円

★成功報酬…1社あたり~2万円

★減額報酬…実際に減額できた金額の10

★費用例(3社からの借金を50万円減額できた場合)…
着手金3万円+成功報酬6万円+減額報酬5万円=14万円

個人再生

民事再生法を利用し、弁護士を立て裁判所に申し立てる方法。
対象となるのはサラリーマンなど、継続した収入の見込みがある人。
借金の総額を5分の1程度減らすことが可能です。

再生委員が選任されることになると15万円とか20万円の再生委員の費用が必要になります。

【費用内訳】

★印紙代…1万円

★官報広告費用…1.2万円程度

★予納郵券…千円程度

自己破産

借金をいったんゼロにしたい、という場合に採用する方法。
手続きには裁判所への申し立てが必要となりますので、弁護士の力を頼るのが一般的です。

【費用内訳】

★着手金…2030万円程度

★報酬金…~20万円

★裁判所への実費…3万円~50万円程度(同時廃止か管財事件かにより異なる)

特定調停

裁判所の調停委員に間に入ってもらう方法。
弁護士費用はかかりませんが、必要書類を自分で揃えるのは大変。
また苦労しても、和解が成立しないケースが多くなっています。

【費用内訳】

★申し立て費用…1社につき500円程度

★手続き費用…1,500円程度

名古屋の法律事務所の費用例を紹介

名古屋で債務整理を行う場合、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

名古屋市で債務整理の依頼を積極的に受け付けている、本サイトの監修・アーク法律事務所の費用例を紹介しましょう。

■任意整理
着手金…133,000円(実費込み)
報酬金…減額金額の10%

■個人再生
42万円(実費込み)

■自己破産
30万円(実費込み)

  アーク法律事務所では「相談料」は何度相談しても「無料」に設定されています。
  自分のケースにはどの債務整理を適用すべきなのか、じっくり相談できます。

※名古屋では、弁護士事務所によって「相談はすべて有料」「1回目だけ無料」など、費用の設定はさまざまです。
 相談する前に、公式サイトなどで費用を確認しておきましょう。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶