TOP » 名古屋の弁護士が教える「債務整理」のイロハ

名古屋の弁護士が教える「債務整理」のイロハ

債務整理とは?本カテゴリでは、その詳細を調べています。

「複数社からの借金で、返済が大変」「払っても払っても、借金が減らない。むしろ増えている気がする…」
そんな悪循環に陥ってしまうと、生活費の捻出すらおぼつかなくなります。
具体的な返済計画が一向に見えないため、目の前は真っ暗。

「もう夜逃げするしかないのか…、いっそのこと、死んでしまおうか」
そんな風に考える人もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。
弁護士を頼ることで複数社からの借金を整理し、現実的な返済計画を立てることも可能…、それが「債務整理」です!

本カテゴリには、以下のページを設けてみました。

債務整理の4つの方法を比較

債務整理には4つの代表的な方法があります。「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」、「特定調停」です。
それぞれの詳細について紹介していきますので、自分に合う方法を選ぶためにも、チェックしてください。

債務整理とは、借金の減額や支払い免除など、法律的な手続きによって債務者の負担を取り除くことです。どんな方法で債務を片付けるか。自分の生活には何が合っているか。それをしっかりと考えて、無理なく確実にできることを行動しましょう。

人によって、取り巻かれている環境や事情には違いがあります。「早くなんとかしたい。もう限界だ……」そう思っていたとしても、これから先、新しい人生へ踏み出すための負担になるなら意味がありません。

例えば車を買い換えなければならなくなったとしても、すべて現金で支払わなければならなくなります。もちろん現金一括で支払えることに越したことはありませんが、それが難しいならローンを組むしかありません。

債務整理の方法によっては7年間クレジットカードを作れなかったり、10年間ローンを組めない状況になってしまうこともあります。なるべくならこれらの期間は短いほうが良いでしょう。

どの方法を選んでも、債務整理が終わった時点で最低5年間はカードやローンの契約が難しい状態になるため、できるだけデメリットを少なくしたいところです。知らなかったでは遅い場合もあるので、債務整理を開始する前に確かめておきましょう。

債務整理の手続きが始まると、支払いの督促がなくなります。

また、手続きが無事に終了したあとは場合によっては借金の返済額を減らすことができたり、借金をゼロにしたり、財産の処分が必要になったりすることがあります。

これらの結果は債務整理の方法によって変わってくるので、まずは自分の置かれている状況や現状を弁護士へ相談することが、借金問題を解決する近道です。

自分の見込みで判断するよりも、専門家へ問い合わせたほうがあなたにとっていちばん良い方法を教えてもらえるでしょう。

債務整理の4つの方法を確認する

債務整理が必要な状況とは

債務整理に踏み切る状況や条件とは?その詳細をリサーチしているページです。
また実際に、債務整理を弁護士へ依頼し、実行した人の体験談も併せて掲載していますので、要注目です。

毎月の借金返済だけで生活に支障がでるようなら、債務整理で再スタートしたほうが良いでしょう。「どうにか返済に回しているけど病院へ行くお金がない」「借金のために人間関係が壊れた」こうなってしまうと負のサイクル。

なかなか減らない借金を抱えたまま、いつまでも抜け出せない無限ループに陥っている可能性も低くありません。

債務整理を考える状況

ただ、単純に誰でも債務整理が可能なわけではありません。収入や借金総額によっては、対応できない方法があったりもします。その点は弁護士の手腕で、任意整理で済ませてもらえることも。

債務整理の条件

(※1)民事法律扶助制度とは、法テラスで対応してもらえる公的援助です。

債務整理の方法はいろいろあるにしても、返済しているだけなのに生活が脅かされたり、精神的に追いつめられてしまうようなら、1度すべての借金を片付けてしまったほうが今後の人生を前向きに考えられるようになります。

債務整理の必要な状況を確認する

行なうタイミングと相談先

「債務整理は、一体どのタイミングで行うべきなのか?」、迷っている人にご一読いただきたいのがこのページです。
またインターネットなどで債務整理に関する情報を調べると、相談先として弁護士と司法書士が浮かび上がってきます。
一体どちらに依頼するのが良いのか?調査しています。

「借金がある」と打ち明けるのは簡単ではありません。それまでの人間関係が失われたり、お金にルーズだと思われたりするんじゃないか……そう心配するあまり、どんどん深みにハマってしまうケースもあります。

返済していても元金が減らないようであれば、債務整理をするタイミングです。借金をリセットできるチャンスだと受け止めてください。

そこでつぎに持ち上がるのが相談相手です。誰に話すべきか。どの窓口へ行けば良いのか。アレコレ考えているうちに時間が経ってしまうと、債務整理を諦めてしまう残念な結果に成りかねません。

相談先さえ間違わなければ必ずサポートを得られるので、1人で抱えないで打ち明けましょう。

債務整理の相談先

「いきなり弁護士や司法書士に相談するのは……」と、ためらいがある場合は、国民生活センターへ相談してください。

国民生活センターには、多重債務相談窓口が設置されています。

自治体によって呼び名は違ったりしますが、全国の主要な市区町村に「市民生活部社会福祉」や「多重債務者生活相談」という部署があるため、遠慮する必要はありません。

相談者の状況に応じたアドバイスを受けることができ、弁護士や司法書士を紹介してくれます。もちろん利用は無料。ただ、自治体によるサポートなので、相談時間は決められています。

国民生活センターへ行くよりも早いのが、弁護士や司法書士に相談することです。借金の総額が140万円以内であれば、司法書士でも対応してもらえるため弁護士でなくても構いません。

ですが、司法書士の場合は一定の能力考査に受かり、法務大臣から認められていなければ依頼者の代理人になることができないので、借金の内容や債務整理の方法によっては遠回りになるかもしれません。

司法書士に依頼するよりも確かなのは、法律の専門家である弁護士です。弁護士であれば無条件に代理人として認められるため、債権者との交渉や過払い金があったときの手続きも問題なくできます。

どこでお金を借りているかにもよりますが、債権者側も債権を回収するためにさまざまな手段を使ったりします。

良心的な人であれば話を聞いてもらえる可能性もありますが、そうでない人も多いので、弁護士に頼んだほうが法律に沿ってスムーズに進めてもらえるでしょう。

債務整理のタイミングを確認する

かかる費用

「ただでさえ借金を背負っているのに、債務整理にも金がかかるのか…」と、依頼を躊躇している人がいるかもしれません。
このページでは、債務整理の代表的な方法について費用相場を見ていきますので、参考にしてください。

債務整理の方法によって、必要になる費用の額には違いがあります。

どれくらいの借金額かや手続きの難しさ、どこまでの交渉になるかでも変わってきますが、弁護士費用のかからない特定調停なら、申し立てや手続き費用だけで済みます。

でも、自分で書類を用意しなければなりません。話の進み具合によっては和解できなくて、こじれてしまう場合も否定できないでしょう。

弁護士に依頼する場合は、着手金・報酬金・減額報酬金などが発生します。減額報酬は減額した金額の10%に相当するため、200万円借りたうち100万減額できたら10万円が報酬としての支払いになります。

それぞれの弁護士事務所によって違うわけですが、1社の債務整理であれば約15万円の費用で済むわけです。

ただ、すべて実費として支払うわけではなく、過払い金などがある場合は、返ってきたお金の中から弁護士費用を支払ったりもできます。

また、法テラスを利用すれば減額報酬金は発生しません。立て替えてもらった費用も、月々5,000円から分割払いが可能です。

分割払いや後払いに関しては、弁護士事務所で対応しているところもあるため聞いてみると良いでしょう。

個人再生には、印紙代・官報広告費・郵便料金などが必要になります。自己破産の場合は、裁判所への実費も求められます(弁護士である破産管財人への報酬など)。

「弁護士へ依頼すると高いから……」そうイメージしている人も多いかもしれませんが、弁護士費用は業界で統一されているわけではありません。そのため高いところもあれば、安く見積もってくれる事務所もあります。

当然安いほうが良いような気持ちになりがちですが、初めは安くても追加で費用を求められる場合も。費用については相談の上、きっちり明瞭に計上してくれる人を選んでください。

一般的には相談するだけで30分5,000円。と思われていますが、債務整理に関しては相談無料で受付している場合もあります。

弁護士によって得意な分野が違ったりすることもあるため、その点も考慮しておいたほうが良いでしょう。

債務整理にかかる費用を確認する

ぜひ、各ページの内容に目を通してください。そして積み上げてしまった借金を整理し、希望に満ちた明日への一歩を踏み出すために、お役立ていただければと思います。

監修者アーク法律事務所 
鬼頭洋行 弁護士

アーク法律事務所鬼頭弁護士1968年、地元名古屋生まれ。愛知県弁護士会所属。企業から個人の法律相談まで、①親切・丁寧、②迅速、③適切・適正をモットーに幅広く対応。任意整理、個人再生、過払い金返還請求など債務整理の実績が豊富で、難しいケースでも最適な方法で解決に導いてくれると評判です。なかでも、自宅を残せる「個人再生」の実績は名古屋でもトップクラス。電話や面談による相談は、何度でも無料。どんな借金の悩みも気軽に相談できます。

アーク法律事務所鬼頭弁護士
所在地
名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6階
アクセス
地下鉄桜通線「久屋大通駅」1番出口から徒歩1分
営業時間
平日10:00~20:00/土日10:00~16:30

このサイトの監修アーク法律事務所

監修: 鬼頭 洋行弁護士
名古屋市中区久屋大通にある法律事務所。 過払い金請求をはじめ自己破産手続きを含めたあらゆる債務整理の実績が豊富です。 気さくで話しやすいと評判が良く、難しそうなケースも最適な解決方法を提案してくれます。 問い合わせは土日も対応。相談は何度でも無料です。
公式サイトを見る ▶ 電話で問い合わせる ▶